ジャンルにこだわらない手作りオーダー家具の製作

お知らせ

東北の旅 その1

2016年09月28日


26日~28日まで、東北へ2泊3日の家族旅行に行ってまいりました。

セントレア中部国際空港から仙台空港へ。

飛行機が苦手なので本当は新幹線が良かったんですが、

旅費と宿泊費は息子持ちの旅行なので仕方ありません。

1日目は仙台市内からバスで40分ほどの、”秋保(あきう)温泉”へ宿泊。

磊磊峡(らいらいきょう)という渓谷沿いに建つ大きなホテルです。

ウィークデーだというのにホテルは満室状態で大盛況でした。

温泉はまあまあだけど、食事は・・・・・・です。

部屋から望む景色ですが、木が多くて何も見えません。

201609%20akiu%20onsen.jpg

観光ブックによると、ここには有名な”おはぎ”があるらしい。

次の日の朝早く、散歩がてらに行ってみることにしました。

開店は9時からですが10分前に到着、すでに先客がお二人みえます。

と思っていると次々に人が集まり、10分で20人ほどの行列ができました。

場所はこちら”主婦の店さいち”(小さなスーパーです)

スーパーの中に順序良く入ると、店の中ほどにおはぎがドーンと並んだコーナーがありました。

201609%20ohagi%20saiti01.jpg

有名なおはぎはコチラ、つぶ餡、きな粉、胡麻の3種類ありますが、全種類買ってみました。

201609%20ohagi%20saiti02.jpg

201609%20ohagi%20saiti03.jpg

1個100円(税込108円)で、2個入り、3個入り、6個入り、10個入りの4種類があります。

作りたてのおはぎですが、食べてみると絶品!!冷めてもおいしい!!

お奨めは甘味を抑えた”つぶ餡”ですが、きな粉も胡麻もおいしいです。

・・続く


この記事の詳細ページへ 【その他の出来事】 

臨時休業のお知らせ

2016年09月25日


9月26日(月)~28日(水)まで臨時休業いたします。

ご用のかたは29日以降にお越しいただくか、メールにてご連絡ください。

この記事の詳細ページへ 【Trunkからのお知らせ】 

「一木千人展」のご案内

2016年09月23日

一木千人展のDMが届きました。

日時 11月8日(火)~14日(月) 10時~17時
場所 かんてんぱぱホール Aホール
    長野県伊那市西春近広域農道沿い


一本の栗の老木が、木工作家7人の手によっていろいろな作品に生まれ変わります。

どんな作品が並ぶのか僕も楽しみにしています。

紅葉のついでに、ぜひ会場まで脚をおはこびくださいませ。

在廊する日は決定していませんが、初日、最終日ぐらいにしようと考えています。

201609%20DM%20omote.jpg

201609%20DM%20ura.jpg

老木の写真がありますが、僕が使っている材料は二股に分かれている幹の

下部分だと思います。(多分・・・)


この記事の詳細ページへ 【イベント出展のお知らせ】 

クリの作品 その2

2016年09月21日

昨夜の台風16号は雨がすごく、工房が水浸しになるんじゃあないかと

ヒヤヒヤしていましたが、ほとんど被害もなく一安心しました。


今日はクリの作品その2”長椅子”を完成させました。

こちらが正面 酒卓と同様に耳(ヘタ)の部分を彫刻刀で掘り込んでみました。

201609%20benchi.jpg

こちらが後ろ側 入り皮があったので耳が凸凹しています。

201609%20bench2.jpg

貫も材料の曲り部分を利用した形にしてあります。

脚はケヤキ材を使いましたが、シラタ部分が多いのでチーク色に着色しました。


”酒卓”のほうもオイル仕上げが終わりました。

201609%20taku.jpg

う~ん、想像以上に木目が主張しています。

作った本人が言うのもなんですが、どちらも好みが分かれる作品ですね。


この記事の詳細ページへ 【家具づくり】 

クリの作品 その1

2016年09月19日

11月の展示会に向けての作品を少しずつ作っていますが、

クリの作品その1の組み立てが終わりました。

201609%20taku01.jpg

ヘタ(耳)の部分を両側とも彫刻刀で加工したので、まるで”アンモナイト”みたいな様相です。

ちょっと気味が悪い感じですが、オイル仕上げをすると面白い杢目がでそうです。

201609%20taku02.jpg

201609%20taku03.jpg

材料が小さかったので、一人用の「酒卓」を作りました。

こういう創作作品を作るのは久しぶりなので、楽しんで作れました。

この記事の詳細ページへ 【家具づくり】 

いろいろな仕事

2016年09月13日


最近は家具以外のいろいろな注文が多くなっています。

今日は、今週中に納品するオルゴールケースの製作を終えました。

さあ椅子の製作に取り掛かろうと思っていると、「材料を切ってほしい」との電話が入り、

待っているとこんなものが持ち込まれました。

201609%20guitar.jpg

エレキギターのボディが2個!これが材料か!!

材料だというと断られると思われたようで、どうもごまかされたようです。

わざわざ来ていただいたので、やむなく引き受けましたが・・・・・


こちらは、ブラックウォールナットで枠を作った、壁掛けの”ステンドグラスのミラー”です。

201609%20stend.jpg

今日依頼主に確認していただき、来週納品することになりました。

展示会用のステンドグラスの枠もまたご注文されました。

こんな感じで、今年は家具以外の仕事が多くそれはそれでありがたいんですが、

意外と面倒で、手間がかかってしまいます。


この記事の詳細ページへ 【家具づくり】 

ロードレーサー

2016年09月10日


今週の初めにこんなイイモノを頂いてきちゃいました。

変速21段のロードレーサー!

%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%80%8020160906.jpg

ロードレーサーに載って、岩倉市から時々来てくれるⅠ さんから、

載っていないのがあるからあげようかとおっしゃるので、

お断りするのもなんなので、すぐにいただきに参りました。

ロードレーサーは乗るのが初めてで、試し乗りしたところバランスがとれず

Uターンするとふら付いてしまいます。

これから毎朝仕事初めに乗って練習しないと。

まずは木曽川河川敷まで、運動不足解消がてら行ってきます。

この記事の詳細ページへ 【その他の出来事】 

栗の板で創るモノ

2016年09月08日

11月に栗の木を使った作品展を行うため、作品製作の準備に入りました。

樹齢200年を超す1本の栗の木を使って、数名の作家さんが作品を作るんですが、

僕に分け当てられたのはこの1枚です。

あちらこちらに割れが入り、中心部に入り皮がみられる厄介な板です。

とりあえずベンチとテーブルを作ろうと考えていたので、

まず板をカットすることにしました。

201609%20kuri1.jpg

チェーンソーでカットするとこんな状態になってしまいました。

入り皮の部分2か所で材料がバラバラになり、当初作ろうと思っていた

背板付きのベンチは難しそうです。

201609%20kuri2.jpg

201609%20kuri3.jpg

まずは一枚ずつ木作りを行いました。

電動カンナで反りを採ったり、ノミで余分な節を削ったりと材料と格闘し、

1日がかりで何とか木作りが完了しました。

201609%20kuri4.jpg

木作りすると作りたいものがみえてきました。 アレとアレとアレなどなど・・・

まずこちらの材料を使って”あるモノ”を明日から少しづつ作っていきます。

201609%20kuri5.jpg

この記事の詳細ページへ 【家具づくり】 

ステンドグラスランプのスタンド

2016年09月01日

?年前に市内のY様に、”おまかせ”でご注文いただいてた
”ステンドグラスランプのスタンド”が完成し、ようやく本日納品してきました。

201609%20stend1.jpg

201609%20stend2.jpg

201609%20stend3.jpg

”おまかせ”でオーダーいただく作品は、非常に気を使います。
今回も作ったはいいけど満足いただけるかどうか不安で躊躇していたんですが、
先週お客さんに完成品をみていただき、非常に喜んでいただきました。

帰り際にもう一つ頼みたいものがあるということでしたが、これもなかなか大変な代物です。
ちょっと僕では手に余るという返事をしたんですが・・・・・
大きな宿題がまた一つ増えてしまいました。


この記事の詳細ページへ 【家具づくり】 

モネの池

2016年08月28日

「モネの池」を知っていますか?
岐阜県関市の板取川沿いにある小さな”名もなき池”です。

先週末に旬の鮎をもとめて、板取川の「洞戸観光やな」で鮎を堪能してきました。
ついでに「板取川温泉」に入って帰ろうと思い温泉に向かう途中、
たくさんの車で駐車場が満杯になって、観光バスまで止まっている場所に遭遇したんです。

何度か通っている道なんですが、こんなところに何かあったっけ?と思っていると、
家内が「そういえば新聞に載っていた”モネの池”じゃあない?」とのこと。
気になるので温泉の帰りに寄ることにしました。

温泉を満喫した帰りに駐車場に入ると、県外の車がほとんどです。
どうもネットで情報が拡散しており、大さわぎの状態になっているみたいです。
現地はこんな感じです。

周りは田んぼがあるだけです。
池に向かう人の後をついて行くと、向こうに神社(根道神社〈ねみち〉というらしい)の鳥居と
人の群れがみえます。
201608%20mone1.jpg

これが「モネの池」の全貌です。
透き通ったきれいな水に睡蓮が咲き、鯉が泳いでいます。
201608%20mone2.jpg

「モネの池」と呼ばれる所以は、有名な画家クロード・モネの作品
「睡蓮」で描かれている池に似ているからみたいです。
201608%20mone3.jpg

201608%20mone4.jpg

池に見入っている人たちです。
201608%20mone5.jpg

根道神社の階段の上から見た様子です。
201608%20mone6.jpg

これから落ち鮎のおいしいシーズンです。
鮎を堪能した後は温泉を満喫して、モネの池で心を癒しに行きませんか?


この記事の詳細ページへ 【その他の出来事】 

Pre   1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10   Next

ページの最上部へ